Página principal

SOCIEDAD PARA EL ESTUDIO Y LA CONSERVACIÓN DE LA FAUNA MARINA ITSAS FAUNAREN IKERKETA ETA BABESERAKO ELKARTEA

海洋生物とは

生物は色々なところに生息しているのですがその中でも特に海を主体として生息している生き物の事を海洋生物と言います。つまり海に生息している生物の総称として用いられているのでその中には原生生物や海獣、そして植物なども含まれています。言葉だけを聞くと魚類のみだと思われがちですが鳥類の中にも海洋生物に分類されているものはいますし、爬虫類や哺乳類、節足動物や軟体動物など幅広い生物が分類されていると言うところが特徴です。
海洋生物として代表的なものとして知られているのが魚類であり、魚類の中でも海水で生活している海水魚が中心となっています。ほかにも爬虫類としてウミイグアナやウミガメ・ウミヘビも有名ですし、鳥類の中で海洋生物に分類されている鵜・ペンギン・カツオドリなどは海鳥として取り扱われています。脊椎動物以外にはタコやイカなどの軟体動物や海老やカニなどの節足動物、ヒトデやうに・ナマコなどの棘皮動物も有名な海洋生物の一種です。
さまざまな海洋生物が生息しているのですがその大半はまだ研究途中であったり生態が不明なものが多く、海洋生物学での生態の解明などが盛んに行われていると言うところもひとつの特徴となっています。

海洋生物調査員になるには

海洋生物調査員は、海の自然環境を守ったり、海洋生物の生態・行動を調査したり、生物資源の保護・研究などを主な仕事とする職業です。その名の通り、海やその周辺エリアでの仕事が多いです。深海生物を調査するには、深海に適応した観測機器や、水温・深度・塩分などを測る機材を搭載した探知機を使って調査します。そのため、海洋生物に関しての知識だけでなく、そういった計測機器や探知機など周辺の機器類の取り扱いも精通している必要があります。探知機を使用して生物採取した際、サンプルとしての保存作業や、陸に戻ってからサンプルを切片化したり遺伝子解剖にかけて調査をする、といったように多くの作業があります。  
海洋生物調査員の職に就くためには、専門学校・大学・大学院など専門教育機関にて、専門知識を学ぶ必要があります。主な専攻科目に関して、海洋生物学・地球物理学・電子/電気工学・情報科学などを学ぶことが必要です。この他、学業・知識を学ぶのは当然ながら、海上での作業がメインとなり、数ヶ月間のクルーズ・遠征となることも多々あるため、過酷な環境に耐えられる体力も必要となります。また、船上での作業がどうしても多くなるため、船に酔いやすい体質の方はそちらも克服する必要があります。

海洋生物学者になるには

海洋生物学者は、海洋生物、つまり主に海の生物の生体・生態について研究する学者です。しかし、一口に海の生物といっても、微生物レベルからクジラやトドなどのような巨大哺乳類まで非常に範囲が広いものです

現在の海洋生物学の主流は、海に存在するプランクトンや最近などの研究です。しかし、それはあくまで主流であって、例えばなまこの生態を研究したければ研究してもかまいません。とはいっても、研究は趣味でやるものではありませんし、お金もかかります。プロの学者として研究するためには、需要に応じた研究をしなければならないこともあるのだという現実も認識しておくべきでしょう。

海洋生物学者になるためには、まず海洋生物学、もしくは生物海洋学の学部がある大学に行って、基礎理論を修めた後に希望する研究室に入ります。学者になるためには、海洋生物学、海洋学、生物学などの他、希望の研究テーマによって微生物学、動物学、魚類学なども勉強しなければなりません。海外の研究書や論文を読みこなすためにも英語は必須です。

それに加えて重要なのはフィールドワーク。つまり実際に海に出て、観察したり採集したりすることです。しかし、最も大切なのは学者として研究を続けていく忍耐強さです。

海洋生物保護の仕事とは

海洋生物はさまざまな種類がいます。海洋生物を調査して保護する調査員は、主に海洋の環境を守りながら生物の生態や行動を調査し、生物資源の確保などを行ないます。
具体的な内容としては、深海での調査を行なうために観測機器や水温、深度、塩分などを調査することのできる機器を搭載した探知機を使って調査することが一般的です。生物を採取した場合には、保存してサンプルにしたり、陸に戻ってきたら遺伝子解剖などを行なってその生物について調べていく作業を行います。
このような仕事に就くためには、大学や大学院、専門学校などで専門知識を学んでいきます。調査には多数の機械が使われ、環境を調査することから海洋生物のことばかりではなく地球物理学や電子・電気工学、情報科学を学んでおくと調査をするときに便利です。
また、海上での仕事が主となって、数ヶ月単位でクルーズをすることもあります。そのためそれに耐えることのできる体力や、船での作業をこなすために船酔いを克服する必要もあるとされています。
女性といえども、場合によっては男性と同じように体力の必要な仕事も出てきます。プログラムによっては希望する海洋生物に関して、基礎知識やその国での日常会話などを勉強する必要もあります。

↑ PAGE TOP